株式会社ジークス代表 渡辺が綴るブログ「なべこら」

NABECOL

北海道へ社員旅行 その3

3日目。快晴で気持ちの良い朝です。若手の社員(そんなに若く無いかも)2名を運転手として確保。狭いなあ、じゃまだなあとぶーぶーいいながらも、車は5人乗車でスタート。今日は、小樽観光をして寿司で締めくくるというコースです。
IMG_7078
高速道路に乗り、小樽にはあっと言う間に到着。最初の目的地はおたるわいんギャラリーです。当然テイスティングを楽しみに行く訳ですね。ところが、あんまり積極的に試飲を提供してませんでした。ワインをもうちょっと豪快に振る舞って欲しかったってのが本音です。多少お金を払ってもいいから、もっと飲みたかったなあ。
と、ふと見ると運転手のはずの若造1名(知能的に若いっていうだけ?)がテイスティングに参加しているじゃあありませんか!運転手としての自覚無し!存在価値無し!連れてきた意味無し!!ってことで、この後、彼は地獄を見る事になります。
ワイナリーを後にして、小樽運河へ。車に乗り込んだメンバー全員で、まさかのこの使い物にならなくなったドランクン社員をどこで降ろすかを論議。そのへんのバス停でいんじゃないか、いやいやせめて駅までは送っていってやるか、小樽港って選択肢もあるなあと白熱しましたが、結局北海道の海のように広い包容力を持つメンバーは、継続して乗せ続けてあげることにしました。もちろん車中では罵声を浴びせ続けられます。
IMG_0665
さて、そんなことはさておき、小樽運河を見学。そのまま、事前に(車の中ですが)綿密に調べ上げた宝寿司へ歩いて行きます。ホントにたまたま席が空いていました。ラッキー!いやー、うまかったです。日本酒との相性もばっちり!この感動した余韻を残して置きたいので、北海道から戻ってもしばらくは寿司を食すのはやめたほどです。食べログ4以上は伊達じゃない。ほとんどが地場で取れた魚介類しか出ません。とにかく私の筆力では表現不可能です。
IMG_0668
ということで、時間もそろそろということで、小樽にすっかり満足した(これだけで?)一行は、千歳空港に向かいました。途中、輪厚(わっつ)サービスエリアに寄りまして、トイレタイム。ここで、再度ドランクン社員が再び事件を引き起こす!なんとここから、ヒッチハイクで帰ると宣言。車中ずーっとどこで降りるねん!と責められ続けた彼の追いつめられた最後の決断でした。それほどまでに車から脱出したかったのか!前職の飛び込み営業で鍛えた精神力を見せつけ、これまで失った名誉を挽回する格好のチャンスとなるか。で、やはり北海道の海のように深く冷たい包容力を持つ我々は彼の提案を一瞬で容認し、広々とした車内で残りの旅程を楽しんだのでした。もちろん、優秀な営業マンの彼は、サービスエリアで休憩している人に声をかけ続け、何度も撃沈を繰り返しつつも、最後は親切な人を見つけ出し、時間通りに空港に辿り着けたのは言うまでもありません。さすがです。ちなみに、このサービスエリアから千歳空港まで頻繁に高速バスが出てますけど。。。。。
空港には、少々早い時間に着きましたので、お土産を物色。さらにラーメンでも食べたかったんですが、寿司がまだお腹に残っていたので早々に諦めました。結局今回の北海道旅行ではラーメンは一度も無しでした。残りの時間は、プラチナカードを持つ役員のおこぼれでANAのラウンジに入れてもらい、旅の成功を祝って最後に乾杯。お疲れさまでした〜
IMG_7087
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です