株式会社ジークス代表 渡辺が綴るブログ「なべこら」

NABECOL

月別アーカイブ: 2016年7月

(JPT:ジャパンプロツアー)シエルボ奈良のスポンサーになりまして

スクリーンショット 2016-07-15 10.48.07 1
みなさん、自転車ロードレースって知ってますよね?そう、あのツールドフランスみたいに、カラフルな服装で、これまた派手派手なロードレース用自転車に乗って、道路を大集団で駆け抜けるあのレースです。日本でも全国で自転車ロードレースが開催されていまして、プロチームがいくつか存在しています。その自転車レースのプロツアーがJPT(ジャパンプロツアー)と言いまして、縁あってそこに参加している奈良を本拠地とするシエルボ奈良チームのスポンサーとなりました。弊社としてはプロスポーツにスポンサードするのは初めての経験です。(私の個人的な趣味じゃないですよ!!)

IMG_1546

サポートカーに乗っていよいよスタートです


その関連で、今回は熊野ロードレースの最終日に、サポートカートに同乗させてもらえることになりました。熊野のロードレースは山岳地帯で行われるステージが最も面白いと言われていますが、今回は最終日のステージに参加です。運転するのは、シエルボ奈良の小渡選手です。
スクリーンショット 2016-07-15 10.43.29

小渡監督兼選手です!


渡辺さん、熊野のレースは面白いですから是非来てサポートカーに乗ってくださいね〜。迫力ありますよ(小渡選手)。お、いいですねえ。行きます行きます(私)。って軽く答えてみたものの、熊野ってこんなに遠いとは。。。。大阪からも名古屋からもそこそこ遠いです。ましてや東京からだと日帰りではまず帰ってこられません。遠いわ〜。
ということですので、プロのレースとはいえ観客はあまりいません。ある意味、このレースは穴場とも言えます。迫力あるプロのロードレースが間近で自分の好きな場所で見れますからね。
さて、スタート10分前になり、早速サポートカーに乗り込んでスタートです。助手席に乗った私の後ろの席にはメカニックの方が同乗しておりまして、もしかしたら私もタイヤ交換などのサポートもしなければいけないのかと期待半分でドキドキしてましたが、その必要は無いと小渡選手に諭されました。むしろをそれをやるとペナルティを課せられるのでやめてくださいと。私の長いサイクリスト人生で培ったプロ並みのタイヤ交換技術は必要とされなかったようです。
コースは、登りあり下りあり、ワインディングロードありでかなりトリッキーです。なんといっても、下りのワインディングロードは自転車の方がスピードが出るため、サポートカーは付いていくのに必死です。チームごとに1台のサポートカーが付き、選手の集団の後ろに決められた順番に連なって追いかけていくのですが、これが迫力満点です。車間距離などはほとんどありません。急ブレーキ急加速の連続で、しかも集団から千切れてきた選手がその間に入るなどして、ドキドキハラハラ。空気抵抗を避けるために選手はサポートカーの真後ろにぴたっと着き、サポートカーも集団に選手を戻してあげるために、調整しながら走るみたいなこともやってます。途中審判車やバイクに乗ったコミッセール(審判員)が目を光らせているので、そのあたりの駆け引きも面白い。(あんまり引き上げると当然反則になりますから)。公道ですがレース中ですのでスピード違反はありませんし、車間距離を保つとか左側通行なんてゆるーい走りは許されないので、ばんばんコーナーを攻めまくる車に乗っているのは、ドドンパよりもスリル満点ではないでしょうか。
IMG_1547

サポートカーの後ろに入り、空気抵抗を避けてます。かなりのスピード。さすがはプロのレースです。


レース中は、サポートカーからは集団がどのような状況になっているのかは見えませんので、無線でレースの状況がリアルタイムで入ってきます。これが全部英語なんですよ。さすが国際レベルのレース(なのかな?)。そうこうしているうちに、ワイパーをフル回転しても前が見えないような土砂降りの雨に。その中でも関係なく選手はペダルを踏み続けます。よくコーナーでコケないよな〜。なんせほとんど前が見えません。ラスト一周、ジャンが鳴り、いよいよ最後の一周へ。そして、残念ながらシェルボ奈良の選手は先頭集団に残れずに、ゴールを迎えました。
自転車レースの迫力を存分に楽しむことが出来ました。また、サポートがいなければ成り立たない自転車レースの真髄が少しだけわかったような気がします。残念なのは公式レースの場合はスマホを持つことが許されていないため、GoMoreで選手の体の状態が見ることができなかったことです。スマホなしでスタミナがわかるバージョンの必要性を感じましたね。
最後に、めったに体験できない機会を頂きありがとうございました、小渡選手。レースの方も頑張ってください。期待してます!